岐阜の女性が、もっと毎日を楽しめるように。

一緒にぎふピンクリボン運動しましょう

ぎふピンクリボン運動をスタートします!

ぎふピンクリボン

 

私たちが人生を楽しむためには、「心身ともに健康であること」が最も大切です。

しかし、家事や育児、介護、仕事など、日々多くの役割を果たしている中で、自分の健康管理がおろそかになりがちという人も多いのではないでしょうか。

そうした岐阜の女性たちが、健康を意識してもっと毎日を豊かに楽しめるように。

そして家庭での女性・母が元気でいることが家族の笑顔につながります。

私たち「ぎふピンクリボン実行委員会」は

女性のがん罹患率第1位である乳がんについて、検診の重要性を知ってもらうことをきっかけに、幅広く女性の健康・家族の健康・仲間の健康に対する意識向上につながる活動に取り組んでいきます。


まずは、わたしが持続可能に!

 まずは、わたしが持続可能に!

 

2030年の達成を目標とするSDGs。

私たちは「まずは、わたしが持続可能に!」をコンセプトに掲げ、健康づくりの大切さを啓発する取り組みを行っています。

SDGsの目標 ③すべての人に健康と福祉を ⑧働きがいも経済成長も ⑰パートナーシップで目標達成しよう を中心に。岐阜県内各県域にて、乳がん検診受診率向上のための啓発イベント実施、イベント開催時のCO2排出量削減への配慮、多くの企業で基礎知識を共有いただくためのセミナ―動画の提供、新聞・放送を活用した広域へのPR等を実施。

誰もがまずは自分自身の健康を意識する環境を共有していく、治療が必要な場合は働きながら治療継続できる支援も知っていく、周りと協力しあう。行政、民間、医療機関すべて同じ方向を向いて意識啓発できるよう、働きかけ行く方針です。

みなさんも、是非活動に楽しく参加して、健康意識を高く持ちましょう!

ぎふピンクリボン

ピンクリボン運動とは

 

乳がんは、早期に発見・治療をすれば治るがんだと言われています。

しかし日本では、乳がん検診の受診率が43.7%と、欧米諸国に比べて低くなっているのが現状です。

ピンクリボン運動は、乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を呼びかける活動で、1980年代でアメリカで始まり、世界へ広がりました。毎年10月1日をピンクリボンデー、10月をピンクリボン月間として、啓発キャンペーンが行われています。



パートナー企業